出産のための費用が足りない時

【こんな方にお勧め】

思わぬ妊娠で急遽出産費用が必要になった
出産一時金や出産貸付だけでは費用が足りない

最近は「できちゃった婚」や「おめでた婚」と呼ばれる、妊娠してから結婚するカップルも珍しくない時代になりました。妊娠・出産はおめでたいことですが、出産するためには多額のお金が必要になります。

出産は病気ではないため健康保険の適用外となります。そのため費用は全て自己負担しなければなりません。

妊娠がわかってから出産にかかる費用の平均を挙げてみると、

妊娠中は月に1回〜4回通院しなければならず、1回の検診で3,000〜4,000円かかり、さらに通常の検診に加えて血液検査代などがかかります。

分娩費用は一般的な病院でだいだい30万〜40万円で、合併症などで治療が必要になり入院期間が延びればその分費用は高くなります。

出産後はベビー用品の購入や赤ちゃんの食費、教育費など総合すれば年間50万円程度必要になることでしょう。

出産費用は出産後の育児費用も含めれば合計100万円程度は用意しておきたいところですね。

できちゃった婚のような思わぬ妊娠となると、出産費用のほか新生活や結婚するための資金も突然必要になるので、お金の準備が出来ていない方や収入の少ない方は慌ててしまうかもしれません。


出産をすると「出産一時金」を受け取ることができますが、出産一時金が支給されるのは出産後ですので、妊娠中にかかる費用には間に合いません。

そこで出産費用を事前に無利息で借りられる「出産費貸付制度」というものがあります。出産貸付は、出産予定日が1ヶ月以内に迫っている方や、妊娠4ヶ月以上で医療機関へ支払いが必要になっている方が受け取れます。


しかし出産一時金や出産貸付を利用しても全然費用が足りないという方もおられるのではないでしょうか。そんな方に便利なのがカードローンです。

下記に紹介するカードローンなら使い道が自由ですので、出産費用にも当てることができます。限度額が高いため、多額の費用が必要な方には最適です。

出産や育児が終わっても、子供は大人になるまで教育費がかかります。カードローンは事前にきちんと返済計画を立ててから利用しましょう。

出産費用にお勧めのカードローン

三大メガバンクの1つ、三井住友銀行が提供するカードローンサービス。

PCやスマートフォンでインターネットから申し込めます。お申込時には三井住友銀行に口座のない方でも申し込み可能です。

金利 年4.0%〜14.5%(変動金利) 限度額 800万円
審査期間 - 無利息期間 ×
年収証明書 - 返済方法 ・残高スライド元利定額方式
・ATM入金、振込入金、口座振替
返済期日 5日、15日、25日、末日から指定可能 在籍確認
の方法
担当者個人名での勤務先への電話連絡
担保・保証人 不要 遅延損害金 年19.94%
ローン契約機の営業時間 9:00〜21:00※契約機により営業時間、休日が異なります。

CMでもおなじみの大手消費者金融会社。30日間金利0円サービス実施中
最短30分のスピード審査なのでお急ぎの方にお勧め。平日14時までに必要書類をFAXすれば即日融資が可能です。

むじんくん・銀行・コンビニなど借入方法は多彩なのでどこでも借りられます。

主婦の方でも安定した収入があれば申込み可能。申込み前に公式サイトにて3秒で融資可能かを診断できます。

金利 3.0%〜18.0% 限度額 800万円
審査期間 最短即日 無利息期間 30日
年収証明書 利用限度額が50万円以下なら不要 返済方法 口座振替、ATM返済、窓口返済、銀行振込
返済期日 「35日ごと」または「毎月指定期日」いずれか選択可能 在籍確認
の方法
自宅および勤務先に個人名での電話連絡
担保・保証人 不要 遅延損害金 年20.00%
自動契約機の営業時間 9:00〜21:00/年中無休(年末年始は除く)
※一部21:30まで営業している店舗もあり

イオン銀行が提供するカードローンサービス「イオン銀行カードローンBIG」。業界トップクラスの低金利と限度額の高さが魅力。

申込みはインターネットで24時間受付中。14時までのお申込みなら原則即日で審査回答!イオン銀行口座を持っていれば最短即日融資も可能です。

返済は月々3,000円から可能です。総量規制対象外ですので、専業主婦やパートの方でもお申込み頂けます。

金利 3.8%〜13.8% 限度額 30万円〜800万円
審査期間 最短即日 無利息期間 ×
年収証明書 利用限度額が300万円以下なら不要 返済方法 口座振替、ATM返済、インターネット返済、カードローン口座への振込返済
返済期日 毎月7日 在籍確認
の方法
自宅および勤務先への電話連絡
担保・保証人 不要 遅延損害金 年19.8%